<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

a0132094_1485137.jpg

少しのイーストで焼いた木の実のパンです。
今回は胡桃とスライスアーモンドをたっぷり。

a0132094_14104339.jpg
a0132094_14105673.jpg

少し固めの生地に多めのバター。
サクッとしたしていてリッチな風味のこのパンは私の大好きなパンの1つです。
寒い季節にぴったりのパン。
おいしいジャムを乗せたり、クリームチーズとハチミツを乗せたり。
甘いトッピングだけでなく食事パンやサンドイッチにもぴったりのパンです。

a0132094_14125327.jpg

今回はカマンベールと一緒に。
ブルターニュの友人宅では食後にいつもカマンベールと緑のサラダが出てきました。
その時のことを思い出しながら頂きました。

ブルターニュの友人について。
イザベルのことはブログでも何度か触れたことがありますが、彼女は私がイギリスで初めて出来た友達で、それ以来ずっと親友でいてくれる大切な人。
お互い、英語もろくに話せず辞書を持ちながらコミュニケーションをとっていた頃から続いてきた友情ですが遠くに住んでいるのでこうやって会うのは本当に久しぶりのことでした。

a0132094_14174760.jpg

イザベルの猫のtiti(ティティ)。オス猫。現在7歳。
私が彼に最後に会ったのは彼がまだ6カ月の子猫の時。
だから彼これ6年振りの再会でした。

a0132094_14204381.jpg

そんな彼女は私達が彼女を訪れた時、妊娠9カ月。
1月16日が予定日だったのでもしかしたら生まれているかも知れないと思いつつ、ブルーターニュの彼女の家へ行くと「まだ生まれてないわよ!」と元気な彼女の姿が。
ちっとも久しぶりと感じないのは友達の関係ならではですよね。
イザベルがキャラメルちゃんに会うのはもちろん初めて。
キャラメルちゃんのパパと出会うきっかけを作ったのはそういえばイザベルでした。
キャラメルちゃんの顔を見ると「本当に二人の子どもだね!二人の顔が見える。いいところばっかりとってハンサムボーイだ!」というのがイザベルの感想。
ハンサムと言われ嬉しいような、どちらにも似てると言われちょっと複雑のような(^_^;)

a0132094_14285215.jpg

そういう彼女は赤ちゃんの性別は聞いていないそうなのでフランス語で「女の子?男の子?」と書かれたTシャツを着ていました(^^)

彼女との思い出はたくさん。
故郷が遠かった私をブルターニュへ帰省する度に連れてってくれたイザベルといつも私を喜んで受け入れてくれたイザベルの家族。
懐かしい顔ぶれに胸が熱くなる場面もありました。

a0132094_14342259.jpg

こんな素敵な旦那様にめぐりあって幸せいっぱいのイザベルに会えて私も本当に幸せでした。
この次、彼女に会う時は1月17日に生まれた二人の赤ちゃんメラニーに会えることを楽しみにしています。
キャラメルちゃんはtitiのことが大好きで、何よりもtitiが恋しいようですけどね(^^)
[PR]
by phanphanz | 2011-01-31 14:41 | 旅行
a0132094_15194678.jpg

食事マフィンを焼きました。
甘さを抑えたカボチャとチーズのマフィンです。

a0132094_15211298.jpg
a0132094_15211943.jpg

カボチャが甘かったので食事マフィンとしてはちょっと甘過ぎたかなぁ。
焼き立てはチーズがとろ~り。甘さと塩気が混じり合い、黄色い色といい食欲をそそります。
キャラメルちゃんは「おいしい!」と気に入ってくれて朝食にもおやつにも食べてくれました(^^)
夕飯の後もまたマフィンが食べたいと言って食べていました。
これはまたすぐに焼いてあげなきゃね。

a0132094_15251115.jpg

朝食用に焼いたパンは牛乳ゴマパン。
ノンオイル、牛乳100%のもっちりした食感のパンにたっぷりのゴマを入れました。
a0132094_1525575.jpg


お次は旅行の記録。
タイトルにありますが、ブルターニュのRenneのスクエアには至る所にメリーゴーランドがあり、キャラメルちゃんはそのメリーゴーランドに乗ることを何よりも楽しみにしていました。
ただ、回るだけなんですけど、それが小さい子にとってはとても楽しいのでしょうね。
街並みの美しさとオルゴールじかけ音楽の為に、回るメリーゴーランドを見てる私達もその幻想的な美しさにうっとりしてしまいました。

a0132094_15301721.jpg
a0132094_1530481.jpg
a0132094_1531317.jpg

a0132094_15451563.jpg


いつも飛行機を選ぶキャラメルちゃんです(^^)
よっぽど楽しかったのか、日本に帰ってきてもメリーゴーランドに乗った時のビデオばかり見たがります。
メリーゴーランドから見たRenneの街並みはとてもきれいだっただろうなぁと思います。
3歳の記憶がどれだけ残るか分かりませんが、記憶の片隅にこんな風景が残っていたら素敵だと思いました。
[PR]
by phanphanz | 2011-01-26 15:49 | 旅行
a0132094_8512394.jpg

イギリスから友人の住むフランスのブルターニュへ。
ブルターニュは私にとってはとても思い出深い土地です。
何度訪れたことか覚えていないくらい。
今回は時間がなくブルターニュの中心地Renneだけを訪れました。

a0132094_8551925.jpg
a0132094_8554052.jpg

a0132094_8563358.jpg

迷路のようにいくつもある小さなストリートを散策するのがとても楽しい!
この地で生活している人の姿を見るのが好きです。

a0132094_905115.jpg

熱心に話し込んでいた焼き栗の屋台のおじさん。
a0132094_91938.jpg

街のケーキ屋さんにはガレッド・ロアが。
日本のようにきちんとディスプレイされず、無造作に重ねてるところが思わず「1つちょうだい!」と言ってしまいたくなりますね(^^)

a0132094_972642.jpg

a0132094_975657.jpg

街のショコラティエ。
色とりどりのチョコレートにどれを買おうか迷ってしまいます!
a0132094_992077.jpg

お店の外からガラス越しに写真を撮っていたら中にキャラメルちゃんが入っていてびっくり(^_^;)
a0132094_9102023.jpg

チョコの芸術作品にすっかり参ってしまった様子のキャラメルちゃんでした。
いくつかのチョコとマカロンをおやつに買い、食べながら街を散策。
とても寒い日だったけど、楽し1日でした。

a0132094_912252.jpg

歩き疲れたキャラメルちゃんは「もう歩けない」と歩くのを拒否。
後ろ髪をひかれる思い出で帰りのバスに乗ったのでした・・・・・。

フランスではたくさんの写真を撮りました。少しずつアップしていきたいと思います。
[PR]
by phanphanz | 2011-01-25 09:14 | 旅行
久しぶりにパンネタも。
a0132094_20182955.jpg

初めてブリオッシュを焼いてみました。
フランスで型を購入したので使ってみたかったのです。
シリコンなので表面の焼き色が今ひとつ。

a0132094_20194985.jpg

バターと卵がたっぷりで黄色い色したクラムが可愛い(^^)
フランスではケーキ屋さんにも置いてあったブリオッシュ。納得です。
パンというよりお菓子です。

a0132094_2022049.jpg

同じ生地でレーズンブレッドも。
薄くスライスしてトーストするとサクッとした食感がおいしかったです。
あまりバターたっぷりのパンは焼かないけど、たまに食べるとおいしくて新鮮。
いつかお餅のようにぷくっと膨れたブリオッシュの形にも挑戦してみたいです。

a0132094_20253344.jpg

今日のおやつは何でしょう?

a0132094_2026167.jpg

チョコケーキです!

a0132094_20264514.jpg
a0132094_20265313.jpg

ちょっと焼き過ぎました。ココアの入った生地はどうしてもパサついてしまいうまく焼けません。
生クリームを添えられたらもっとおいしかっただろうなぁ~。

イギリスではほとんど観光をしていないのであまり写真がありません。
大雪で電車も動かずどこにもいけなかったし。何よりロンドンに行っていないし!
アイルランドから直接キャラメルちゃんのパパの住んでいる地方都市に飛んだので何も見ることが出来ませんでした(^_^;)
a0132094_20385091.jpg

a0132094_20393171.jpg
a0132094_20395425.jpg

a0132094_20413952.jpg

イギリスでしたことといえば公園通いとキャラメルちゃんをパパに預け、妹と二人でゆっくり買い物したことくらいかな。
治安があまり良い地域ではないので妹は相当怖かったらしいです(^_^;)。
映画トレインスポッティングに出てくるような若者たちがたくさんいました。
私は免疫があるのでそんな街の様子さえなつかしく思えたり。
ふと、キャラメルちゃんがイギリスに住んでいたら彼の人生は全く違うものになるのだろうなぁと思ったりしました。

a0132094_20331291.jpg

キャラメルちゃんのパパが用意してくれたローストディナー。
料理好きのキャラメルちゃんのパパが朝食も夕食も張り切って手料理をふるまってくれました。
懐かしいローストディナーの味。
イギリスでは下手なレストランで食べるより家庭で食べるこんなお料理が一番おいしかったりします。
[PR]
by phanphanz | 2011-01-23 20:42 | 菓子パン
a0132094_1529096.jpg

キャラメルちゃんにとってはこの旅のメインテーマであったパパとの対面。
私としてはさらっと流してしまおうと思っていたイギリス滞在。
イギリスでの時間は私が思っていたよりも楽しく濃密な時間となりました。

More
[PR]
by phanphanz | 2011-01-18 15:57 | 旅行
a0132094_20545559.jpg

ダブリンでのキャラメルちゃんの写真といえばほとんどが雪にまみれているものばかりなのですが・・・・・。
初めて見る雪にもかかわらずちゃんと遊び方を知っているキャラメルちゃんでしたよ(^^)

a0132094_2174383.jpg

a0132094_2057413.jpg

ダブリン市内にある市民の憩いの公園セントスティーブンスグリーンも雪に覆われていました。
a0132094_2142195.jpg

ダブリン市内を馬車に乗って観光した時に、馬に乗せてもらえて大喜びのキャラメルちゃん。
でも本当はちょっと怖かったそう 笑。

a0132094_2183692.jpg
a0132094_219377.jpg
a0132094_2191354.jpg

思い出に残るようなクリスマスの日。
今年のクリスマスを同じように期待されたら困るなぁ~(^_^;)

a0132094_21141696.jpg
a0132094_21144029.jpg
a0132094_2114561.jpg
a0132094_2115751.jpg

友達の家の近くの渓谷へ犬の散歩に出かけた時の写真。
子犬のと一緒にはしゃいで走り回っていたキャラメルちゃん、行きはよいよい、帰りは怖い・・・という感じで帰りは疲れはてたキャラメルちゃんをおぶって帰った時は私の意識も疲れと寒さの中薄れかけました(^_^;)。
南国奄美からこんな極寒の地へ旅したキャラメルちゃんでしたが、すぐにその土地へ溶けこみ良く食べ、良く遊び、良く寝てくれました。
大人の方は時差ボケと旅の疲れがとれないままバテバテでした~(^_^;)
厳しい寒さだからこそ見ることのできた写真では現わすことのできないアイルランドの自然の美しさが今も目にやきついています。
でも、次な夏のアイルランドを見たいな。
ギネスビール工場を見学し、テンプルバーでパイントでビールを飲み、緑美しい公園で日向ぼっこしながらキャラメルちゃんが犬と駆け回る姿を見たいです。

a0132094_2127752.jpg
a0132094_21271919.jpg

やっとパンを焼きました。
微量イーストです。まだ酵母を起こしていないので。
食パンと、同じ生地でラムレーズンとシナモンを入れたパン。
キャラメルちゃんがレーズンパンを喜んで食べてくれました。
早く酵母を起こしたいと思いつつ、忙しさにかまけ寒さにかまけ・・・・・。
皆さんのおいしそうなパンを見ると私も早く酵母パンが食べたいと悶えております。
[PR]
by phanphanz | 2011-01-16 22:00 | 旅行
a0132094_212118.jpg

アイルランドで出会った美味しい物の記録です(^^)
ダブリン市内を歩き回り、寒さと疲れをしのぐために立ち寄ったカフェ。
ダブリン市内の銀行で働いている友達のお姉さんによると一番ホットなカフェらしいです。
20分くらい並んで待ってテーブルに着くことができたのですが、立って待っている間にモルドワイン(ホットワイン)のサービスがあり、私も1つグラスを手にして飲んでみました。
オレンジの酸味とグローブやシナモンなどのスパイスが聞いた温かい赤ワインは初めて飲んだのに何だか知っているようなお味で、体の内からポカポカ温めてくれました。

a0132094_2191741.jpg

キャラメルちゃんはフランポワーズのチーズケーキ。
「ピンクのケーキがいい。」というので。このケーキも結構スパイスが効いていました。
私はミンスパイ。クリスマスの定番のお菓子です。
ミンスといってもミンチ肉のことではなくて、レーズンやりんごなどを煮詰めたフルーツミンスを詰めたパイとタルトの中間のようなお菓子です。温めて頂きます。
私にとってはとってもなつかしいお菓子、イギリスに住んでいた頃はそれほどおいしいと思って食べていなかったのですが、久しぶりに食べるととてもおいしく感じました。

a0132094_2115352.jpg

友達が選んだのはトフィーのタルト。
これ以上ないくらい甘いタルトで、こんな大きな甘いケーキをぺロリと食べるのを見るとやっぱり日本人と味覚というか胃袋の構造が違うのだろなぁと思ってしまいます。
アイルランドで食べたケーキはどれも本当に大きかった!

a0132094_21185358.jpg

そして12月24は私の誕生日でした。

a0132094_21222989.jpg
a0132094_21225753.jpg

私が子どもの時だって、こんな風に賑やかにお祝いしてもらったことはありません!
何てお料理だったか忘れてしまいましたが、フランスのお料理で小さな鉄板にチーズを入れて溶かし、ジャガイモやハムなどにその溶かしたチーズをかけて頂くお料理でした。
とてもおいしかったです。
忘れられないお誕生日の日になりました。こうやってお祝いしてもらえるのなら年を取るのも悪くないですね。
私が生まれてきた日をお祝いしてくれてありがとう!そして遠く離れていた両親へ、ありがとう。

a0132094_21271925.jpg

友達の家族、Martin家の習わしでクリスマスの朝食に食べるキッパーという魚。
塩からい干物と言う感じでした。スコットランドのお料理らしいです。これはイギリスでもたまに食べていました。パンではなく、ご飯と食べたいなぁとよく思っていましたっけ(^_^;)

a0132094_21294455.jpg

アイルランドの小さな田舎にもあったスターバックスコーヒー。
祝日でカフェがどこも空いていなくて、止む得ずここで休憩。
窓から見える風景が違うとスターバックスで飲むコーヒーも少しはおいしく感じたような・・・。

a0132094_21312093.jpg

友達のお姉さん絶賛のスタバのキャロットケーキ。
スパイスがきいていておいしかったです。でもやっぱりちょっと大き過ぎました(^_^;)

最後に、1つ心残りなことはアイリッシュパブに出かけギネスビールを飲む機会がなかったこと!
a0132094_21353420.jpg

[PR]
by phanphanz | 2011-01-13 21:36 | 旅行
a0132094_20415159.jpg


ブログをすっかり放置してしまっていますが、自分の記録用に少しずつ旅のことを綴っていきたいと思います。
旅行から帰ってきてすぐに、時差ボケも治らないまま仕事が始まり、私も妹も疲れが出てダウンしておりました。
今はすっかり元気です(^^)

a0132094_20205828.jpg

ダブリン空港に到着した時の1枚。
思えばとても長い長い道のりでした。
奄美から大阪へ飛びホテルに1泊。翌日、関空からパリへ出発。
関空近くのホテルで見たニュースではヨーロッパは大雪でロンドンのヒースロー空港は閉鎖され7000人近い人が空港で立ち往生しているという話。無事に出発できるかな・・・と心配しながら空港へ。
パリまでは順調に行けました。パリで乗り換えてアイルランドのダブリンに行くはずだったのですが、連日飛行機がキャンセルして飛ばなかった為に、私達が乗る予定だった飛行機はオーバーブッキングとなっており、席が取れないとゲートで係員に言われ、ビックリ。
「そんな、2カ月も前から予約してあったんですよ。」
と言っても頭を左右に振って「you have to learn this situation(この状況を受けいれてちょうだい)」みたいなことを言われ、私の方も長時間のフライトで疲れている上に3歳児を連れて空港へ放り出されたら大変と食い下がり、事務所の方の係員の方まで案内され、そこで交渉しました。
そこで結局、翌日のフライトの席と今晩泊まるホテルをとってもらいました。
次の日のフライトも、飛行機に乗ってから3時間飛ばずに飛行機の中で待機。ダブリン空港が閉鎖されていて、天気の回復と空港の再開を待たされました。
12月23日だったので、乗客はみなクリスマスに家族の元へ帰りたいと必死だったので航空会社も安易に飛行機をキャンセルできなかったのでしょうね。
日本を出て2日かけてのダブリンへの道のりでした。


1日目はクリスマスのイルミネーションがとてもきれいだったダブリンの街で観光&ショッピング。

a0132094_20392241.jpg

a0132094_2044365.jpg
a0132094_20471854.jpg

a0132094_20531320.jpg

a0132094_20514971.jpg
a0132094_2052738.jpg

キャラメルちゃんは生まれて初めて馬を見て馬車に乗ったことと、ポストが赤ではなくて大好きな緑色だったことに一番感動した様子(^^)
私は公園やイルミネーションなど街がとても奇麗だったことと、ホームレスが意外にも多かったことが印象に残りました。
この日は気温マイナス5℃くらい。今まで経験したことのない寒さで朝は身を切られるような寒さにマフラーと手袋と毛糸の帽子を一番に探し求め買いました(^^)。
それでもお天気は良く青空が広がりとても気持ちの良い1日で、北の地の冬の休日を堪能した1日でした。
[PR]
by phanphanz | 2011-01-12 21:03 | 旅行
a0132094_1202619.jpg

明けましておめでとうございます。
100年に一度と言われている極寒のヨーロッパ旅行から無事に帰国しましたので、少し遅くなりましたが新年のご挨拶を申し上げます。
2010年は私にとっては静から動に動いた年でした。
そんな慌ただしい中、無理を押してヨーロッパに出向いたわけでしたが、大切な人たちとの再会に寒いヨーロッパでしたが私の胸は熱くなる思いでいっぱいになりました。
飛行機に乗れなかったり、色々とハプニングもありましたが・・・・・・。
とりあえずは、私もキャラメルちゃんも体調を崩すことなくこうして無事帰路につくことができました。

a0132094_120567.jpg

私にとっては過去を未来へと結ぶ旅。
まだ人生が始まったばかりのキャラメルちゃんにとっては、全てが初めての出来事、体験であり、幼い彼の小さな胸にも何かが刻まれた旅になったのではないかと思います。
特に奄美っ子のキャラメルちゃんにとっては雪はこの旅のボーナスになったことでしょう(^^)

今年1年も健康で毎日を送れますように。
そして皆さまにもたくさんの笑顔と幸運が訪れる1年になりますように。
今年もどうぞキャラメルちゃん共々よろしくお願いします。
[PR]