kona食パン

a0132094_11374328.jpg


KonaSalonのレシピ本から食パンを焼きました。
私が持っている食パン型が1.5斤型くらいの大きさのものなのですが、この型でイーストや自家製酵母の食パンを焼く時には粉を300g使います。
卵が入れば230~250gの粉でもボリュームのある食パンが焼けますが、普段は食パンに卵を入れないレシピで焼いているのでやっぱり最低300gの粉が必要みたいです。
でも、KonaSaolnのレシピは1斤型に対してなんと粉の総量420g!!!!酵母も40g!
作ろうか作らないか迷っていたのですが、プチパンもおいしかったし、ぜひ食パンも一度は食べてみたい!と一念発起(?!)して作ってみることにしました。

a0132094_1147483.jpg


焼き方も独特で、余熱しないオーブンに100℃で10分、150℃で10分、170℃~・・・・・・
という感じで、しっかり発酵させた生地を“そっと焼き固めていく”ような感じなんだそうです。
そのせいか、レシピ本の写真と比べるとパンの側面に焼き色があまりつきませんでした。
焼きあがったパンを型から出すと、ずっしりとした手応えが。

a0132094_1152023.jpg


酵母と粉と水と塩と砂糖だけのシンプルな食パンです。
カットするとふわっと粉の香りが広がりました。粉はキタノカオリ100%ですのクリーム色をしています。

a0132094_11553838.jpg


プチパンの時は気付かなかったけど、噛みしめるとホシノ天然酵母のお味なのだと思いますが甘い。
目の詰まった重いパンなのかな?と思っていたのですが、意外にさくっとしていて軽い食感でした。
でもなんと言ってもパン自体のお味がとてもおいしかったです。
濃厚という感じではないのですが、噛みしめるどんどんおいしさが広がる感じ。
天然酵母のパンのおいしさって、口で表わすのってとっても難しいですね。
噛みしめると分かるじんわり広がるおいしさです(^v^)

a0132094_1272540.jpg


久し振りにキャラメルちゃんのおやつに焼いたクッキー。
かなりバターとお砂糖の量を減らしました。でもその方が固めの生地でバターも溶けることなく型抜きしやすかった!
一番好きなおやつは飛行機と汽車のクッキーなのだそう。
同じ味なのですが、この型のクッキーは自分のものだと決めているらしく、私が食べようとすると「ママはこれ!」と星やお花のクッキーを渡されます(笑)。

a0132094_1210401.jpg


クッキージャーに伸びる手が止まりませ~ん。
鍵付きクッキージャーと冷蔵庫が欲しいこの頃です(^_^;)。

a0132094_12165483.jpg


最近、思うこと。
キャラメルちゃんがとっても成長したなぁと。
保育園に行きたくないと泣いていたのはほんの4か月前のことなんですよね。
あの頃は慣れることはないのかも知れないなぁなんて私の方が挫けそうになっていました。

a0132094_12185757.jpg


この間、保育園のお迎えに行ったときにこっそり隠れて様子を見ていたら、なんと自分でパンツとズボンを脱いでトイレに行き、帰ってきたらまた自分ではいていました。
お家では当たり前のように私が着脱をさせているというのに!
おおっ、そんなこともできるようになっていたのね~と見ていると、そのあとちゃんと自分の席について手をお膝に乗せ、先生が本を読むのを聞こうと大人しく待っている様子でした。

a0132094_1230983.jpg


家ではこんな↑感じでふにゃふにゃとしてばかりなのに~!
子供ながら家と学校とちゃんと分けているところがあるのですね。
保育園で子供達や先生と接する中で、お家では甘えん坊のキャラメルちゃんも鍛えられ成長しているんだろうなぁと思います。
その反動もあるのでしょうねぇ~、お家ではかなりの駄々っ子しています(^_^;)
[PR]
by phanphanz | 2009-08-07 12:40 | 食パン