無花果とチョコのブール

去年、シュトーレン用にブランデーに漬けたドライフルーツを使いきろうと思い、ちょこちょこパンに入れていました。
今日は最後に残ったドライフィグを使ったパンのアップです。

a0132094_041068.jpg


ミナミノカオリ100%のリーンな生地です。
カンパーニュのように鉄板を余熱したり、蒸気入れはしていません。
だからハードパンといってもソフト系ハードパンといったところでしょうか。
(邪道ですけど(^_^;))
ドライフィグは他のドライフルーツよりもたっぷりとブランデーを含んで水分がとても多いので、成型の段階でチョコチップと一緒に巻き込みました。

a0132094_0242135.jpg


前回、ブランデー漬けの無花果パンを焼いた時に捏ねの段階で入れ、生地はベタつき無花果は原形をとどめないという失敗をしたのですが、いつも本当に素敵で惚れぼれすようなパンを焼かれているPickyさんにお尋ねしてみたところ成型時に入れるとよいと教えて頂いきました。
Pickyさんには以前にも酵母食パンのパンチ入れなどのコツを伝授して頂いたことがあり、そのおかげでそれまで固い食パンしか焼けなかったのですが窯伸びのするふっくらもちっとした食パンを焼けるようになりました。
ブログを始めたおかげでこうやって酵母でパンを焼かれる方との交流が生まれ、日々色々な刺激を頂いたり、ちょこっとしたことだけどパンをおいしく変身させるコツを教えて頂いたり、パンを焼く楽しみや喜びが倍になっているような気がします。
出会いからまた次の出会いが生まれたりと、最近素敵方々との出会いがブログを通してありました。
ブログって不思議だなぁと思います。近くにいる知人や家族より遠くにいる会ったこともない人が私の日々の生活や思いを知って下さったり、または逆に相手の深い思いを読ませて頂いたり。
パソコンを閉めてしまえば終わってしまう関係なのだとしても、こうして出会えたことはやっぱり一期一会の大切な出会いで奇跡的であったり、必然であったりするような気がしています。
私は楽観的で都合よく物事を捕える方なので、「人には恵まれているわ」と思っていますけどね(^v^)

a0132094_0471076.jpg


最近焼いたフィセルで作った今朝の朝食のフレンチトーストです。
バゲットはコンスタントに焼いていますけど、暑さの為か不調続き。
気分を変えて250gの粉を5分割して細長くフィセルにして焼いてみたけどやっぱりダメでした(^_^;)
どうしてもホイロオーバー気味になってしまうみたいです。

a0132094_0514998.jpg


仕上げにグラニュー糖を振ってもう一度焦げ目つけてキャラメリゼ風にして頂きました。
小さく一口サイズだったので朝からパクパク(^v^)

a0132094_0545522.jpg


こちらは今朝焼いたバゲット。レーズン酵母で。
ここ最近ではまだ一番ましな焼き上がり。難しい~。

梅雨ももうすぐ上がるということらしいですが、妹がキャラメルちゃんにカッパを買ってくれました。
「うさぎ」と「かえる」と「ぞう」があり、キャラメルちゃんは「かえる」のミドリ色のかっぱを選択。
「かえる」が好きなのかそれともミドリ色が好きなのか?

a0132094_155189.jpg


金曜日にやっと雨が降り、カッパの出番が。
傘をさして突風に飛ばされそうに!

a0132094_1122678.jpg


a0132094_113670.jpg


ふふふ、ちょっと大きめのカッパをつけたキャラメルちゃん、修道僧のようです。

a0132094_1135982.jpg


a0132094_1141828.jpg


歌い踊りながら、ご機嫌なキャラメルちゃんを連れて保育園へ。
本当は梅雨が早く明けて欲しいけど、あと1回くらいはカッパを着てお出かけしたいよね~(笑)。
[PR]