フィグサンド

a0132094_22181749.jpg

キャラメルで煮詰めたドライフィグとペカンナッツがたっぷりと入ったフィグサンドです。
今年明けてすぐに購入してあったドライフィグ。
何度かフルーツケーキを焼いた時に使っただけで、出番がなく瓶詰めして乾燥剤と一緒に保存してありました。
何だかもったいなくて出し惜しみしてしまい、何か特別な時に・・・・なんて思ってたら、何やら表面に白っぽい粉が。
カビ?!とびっくりしたものの、常温で保存だったし、ここ最近の蒸し暑い天気を思えば十分あり得る事だなぁと思いました。
カビなら処分しなきゃなぁ~と思ったのですが、匂いを嗅いでもカビ臭くはなく、大体ドライフィグって元からちょっとカビが生えているような感じじゃなかったけ?と思ったり。
たくさん残っていたので、思い切って捨てられずにいました。
そんな時に閃いたのが、ブログ友で無花果研究家(!)であるお友達!
保存状態とドライフィグの白い粉のことなどを説明して尋ねてみると、白い粉は砂糖が結晶化したものではないかと言うので、そう言えば干し柿もこんな感じだよなぁと思い、思い切って1つ洗って食べてみました。
「おいしい!」全然カビ臭くてプチプチとしておいしい。これは大丈夫かなぁと思いつつ、ちょっと心配だったのでキャラメルを作り一緒に煮詰めました。火を通せば少しは安全かなぁと安易な考えです(^_^;)。

a0132094_22314248.jpg

フルーツロールビスケットのフィリングをキャラメリーゼしたドライフィグとペカンナッツにして焼きました。
大きさがマチマチなのは手づくりならではのご愛嬌ということで(^_^;)

a0132094_2236458.jpg

このフィグサンド、とってもおいしかったです。
無花果のおいしさがぎゅっと詰まって堪能出来るビスケット。
出し惜しみして眺めていてはダメですね。せっかく買ったのだから、こうやっておいしく頂かなければ!
でも、こんな贅沢なドライフィグのビスケットはそうしょっちゅうは焼けませんけど。
lindaさん、迅速で的確な質問への返信をどうもありがとうございます!
lindaさんのアドバイスがなければ泣く泣くドライフィグを処分していたかもしれません!
おかげでおいしいフィグサンドが出来ました!

a0132094_22422334.jpg

週3回あるキャラメルちゃんのお弁当。
キャラ弁とは程遠く、地味で量で勝負なお弁当を作っています。
だから写真なんか撮ることもなかったのですが、友達が「こうやって子どものお弁当を作るのもこの時期だけなんだよね。子どもが大きくなったらどんなお弁当作ってたかなんて忘れちゃうんだろうね。」と言っていたので、たまに写真に撮って残しておこうかなぁと思いました。
自分の記録用です。

a0132094_22473690.jpg

今は、とっても億劫に感じて作っているお弁当作りですが、空になったお弁当を見ると嬉しい。
「ママのね、お菓子みんながいいなぁ~って言ったよ。」なんて嬉しそうに話してくれるキャラメルちゃんの姿を見ると、お弁当を作っているこの時期って本当はとっても幸せな時期なのかもねなんて思いました。

a0132094_22523372.jpg

またまたセクシーショットです(^^)
川で泳いだ後に、シオさん宅の五右衛門ぶろでお風呂をもらうキャラメルちゃん。
ゆうくんと一緒に水鉄砲で遊んでいます。薪で沸かしたお外で入るお風呂、最高に気持ちいいんだろうなぁ♪

a0132094_2255954.jpg

写真を撮ってたら、「ダメ」って言われました。大きくなったら裸ん坊の写真をブログに載せたこと怒るかな(^_^;)
[PR]
by phanphanz | 2011-06-01 22:56 | 焼き菓子